うつ病に効果的な薬で病気を撃退|悩みを解消して明るい生活へ

女医

あせらずに治療しましょう

デスクで眠る男性

病気と向き合うことが大切

現代社会でうつ病になる人が増加しています。うつ病の一般的な症状は、憂鬱な気分、何事にも興味がわかない、眠れない、食欲がないなどが挙げられます。患者さんの多くは、身体の不調な症状に悩み病院を受診します。検査をしても、特に異常がない場合は、症状に対する処方がされたりします。しかし、それでも治らない場合に精神科や心療内科を受診し、うつ病だと診断される場合があります。うつ病の原因は、人さまざまですが、人間関係のトラブルなどによる環境要因、慢性的な疲労などによる身体的要因、遺伝による遺伝的要因がうつ病を発症させる要因だと言われています。早期発見、早期治療により治りやすくなりますが、放置したままにしておくと、悪化する場合があるので、専門機関へ受診されることをおすすめします。うつ病の治療には、薬物治療と精神療法があります。抗うつ薬を使用する場合は、効果が現れるまで1〜2週間ほどの時間がかかります。薬の副作用で、頭痛や胃がムカムカしたり、気分がイライラするなどの症状が現れることがあるので注意が必要です。あまりにも副作用がひどい場合には、主治医に相談の上、服用を中止してください。薬は少量から徐々に増やしていきます。個人差がありますが、徐々にゆっくりと薬の効果が効き始めるので、気長に薬と付き合うようにしましょう。主治医の指示通りに、正しい治療を進めることで、うつ病を克服することができます。うつ病の治療は、ゆっくりと時間をかけて病気と向き合う覚悟が必要です。

周囲のサポートも大切

近年のストレス社会では、うつ病は増加傾向にあり、珍しくない病気となりました。うつ病の治療は、長期になることが多く、時間をかけて根気よく取り込むことが必要です。あせらずにゆっくりと病気と向き合い、治療を継続するようにしましょう。十分な休養をとり、こころとからだをゆっくりと休めて治療に専念してください。再発防止のためにも、しっかりと治すことが大切です。症状が治ったからと言って、勝手に薬を止めるようなことはしないでください。勝手に止めることで、再発する可能性があります。うつ病の薬は、段階的に徐々に減らしていきます。一般的には、1〜2年と言われています。きちんと主治医の指示を守り、治療を行うことが大切です。薬物療法と併せて精神療法を行うことも効果的です。自分の中にある根本的な考えを改善することにより、再発を防止することができます。精神療法は時間がかかるので、ゆっくりと時間をかけて向き合いましょう。疲労やストレス、不眠には注意しましょう。夜眠れない、何度も目が覚めてしまうという症状は、再発のサインかもしれませんので、早目に主治医に相談するようにしてください。周囲のサポートも大切です。家族も一緒にうつ病について理解し、しっかりとサポートするようにしましょう。ストレスを溜め込まないように、生活リズムを整え、規則正しい生活をこころがけるように見守りましょう。本人の状態を見守りながら、無理をさせないようにしてください。一緒に病気と向き合って、温かい気持ちでサポートすることが大切です。