うつ病に効果的な薬で病気を撃退|悩みを解消して明るい生活へ

女医

現代に増えている病気

女性看護師

現代病とよばれる病気

うつ病は現代病ともよばれるほど現代に発病してしまっている人は数多く存在しています。人間関係や家庭環境のほか仕事の残業からの疲れや大切な人を事故や病気などで失ってしまったりなど、うつ病を発する原因な人それぞれさまざまです。そのため病院で治療を受ける人も多くなってきています。もし精神科や心療内科で診てもらいうつ病と診断されれば抗うつ薬など処方される人が多いかもしれません。その抗うつ薬のほとんどは成分にセロトニンが含まれていたりします。うつ病はセロトニンが不足しすぎていることから発病される病気と考えられていることもあり、そのセロトニンを脳内に分泌させられるように処方されることがあります。そのためうつ病になってしまった人は普段の生活の中でもセロトニンを増やしていくことができるような習慣をつけていくと良いです。たとえば早起きをして散歩をするだけで日の光からセロトニンを分泌させることができるようになります。日の光を浴びることでセロトニンが脳内に分泌されるように栄養を与えてくれるのです。しかし、うつ病を発している人の多くは朝早く起きることができず夜目が覚めてしまうことがあります。なので急に早起きをさせるのは難しいものといわれています。そのためゆっくりと治療を進めていきながら少しずつ朝に目が覚められるように起きる時間をずらしてあげることが良い方法となるかもしれません。現代病とも言われているうつ病は老若男女誰でもかかる病気で、それは大人だけでなく子供にもかかってしまう病気であることを理解することが大事です。

セロトニン取りすぎも注意

うつ病にかかってしまい病院で診断され薬を処方してもらうことがありますが、その薬の成分にセロトニンが含まれているものがよく処方されると先ほど述べました。そのセロトニンは脳内に多く分泌されることで精神が安定する働きがあります。セロトニンは日の光を浴びたり、セロトニンが含まれる大豆などのような食材を摂取することでは何の問題もありません。ですが薬でセロトニンを多く増やしていくことに関してでは、あまりに摂取しすぎることで脳内に増やしすぎてしまうこともあります。あまりに薬でセロトニンを多くさせすぎてしまうことにも実は注意が必要となります。薬でセロトニンを多く増やしすぎてしまうことで、セロトニン症候群になることもあるのです。なので薬を飲むたびに体に異変を感じるのであればすぐに処方をやめてもらい、医師と相談することが大事です。そのときはどのような症状が出てくるのか普段の生活でメモしておくことも良いです。そしてそのメモした内容を医師にはっきりと伝え、また別の治療法を行ないながら治していくことで自分に合った治療を続けていくことができるようになります。そのほか抗うつ薬には副作用が含まれていることもあります。その副作用から吐き気やめまいがさらにひどくなるというケースもあり、そのことも医師に伝えなければなりません。体に負担を軽減させそしてうつ病から発せられる精神への負担も軽減させられるように、薬も自分にあったものを処方してもらうことが良い治療法になります。