うつ病に効果的な薬で病気を撃退|悩みを解消して明るい生活へ

女医

近年増え続ける精神疾患

医者と患者

どんな種類があるのか

うつ病とは、ストレスなどが原因で発症する精神疾患の事で、近年発症するひとは増えてきている、という傾向にあります。主な症状としては、眠れない、食欲がない、常に倦怠感がある、女性であれば月経不順になる、など様々あり、人によってその症状は違ってきます。では、うつ病はどのようにして治療をしていけば良いのでしょうか。うつ病は、基本的に薬による治療で完治を目指します。注射や、塗布薬などではなく、服用タイプの薬の処方が一般的で、「抗うつ剤」と呼ばれています。基本的に1種類のもので治療を進めていきますが、症状によっては、安眠できる睡眠薬などの補助的な薬が併用して処方されることもあります。薬の種類は、現在日本で認可されている抗うつ剤は、三環系うつ剤、四環系うつ剤、その他のうつ剤、SSRI、SNRI、NaSSA、などがあげられ、それぞれ違った作用をもたらしますが、基本的な作用は一緒です。そもそもうつ病は、精神的、または身体的ストレスによる、「セロトニン」や「アドレナリン」と等の脳内物質の減少によって、倦怠感ややる気のなさを引き起こして発症する病気です。この脳内物質のどの種類に作用するか、というところで、抗うつ剤の種類が変わってきます。たとえばSSRIは、セロトニン系の物質に作用し、神経を正常にする働きを持ちます。また、SNRIや三環系うつ剤は、すべての脳内物質へ影響を与えるといわれているため、口の渇きや排尿障害、眠気などといった副作用があらわれることもあります。それぞれ違った働きを見せますが、服用を続けることによって脳内物質が正常に戻り、病気を完治することが可能になってきます。

完治のために意識すること

うつ病は「完全に治った」と分かるタイミングも難しいため、長期に渡る薬による治療が必要となってきます。そこで、うつ病治療において注意すべき点がいくつかあります。まず一つ目は、自分が病気で、治療中である、という自覚をあまり持たないことです。うつ病の治療中は、性質上「自分は病気である」「早く治さなければならない」という焦りの気持ちが生まれてきます。しかし、それによって、「なかなか治らない」「治っているかどうかよくわからない」といった気持ちも芽生え、さらにストレスを引き起こし、悪循環に陥ってしまいます。ある程度気を楽にして、「いつか治る」「きっと大丈夫」といったことを自分に言い聞かせることが大切です。また、もう一つは睡眠薬についてです。抗うつ剤の薬を処方されるときに、睡眠薬も処方されることは少なくありません。特にうつ病による睡眠障害を持つ患者さんにはよく処方されます。しかし、睡眠薬の処方により、「睡眠薬を飲まないと眠れない」という習慣になってしまうのではないか、といった不安を抱える方が多くいます。しかし、その心配は全くの無用です。睡眠薬は、お医者様の適切な判断のもと処方される「睡眠導入剤」で、決して常習性を持つような悪い薬ではありませんし、処方された通り、毎日決まった時間に決まった量を服用し続けていれば、クセになってそれがないと眠れない、といった症状が起きることはほぼありません。偏見を捨てて、処方された薬を、処方された通りきちんと服用することが大切です。